pardon 英会話 もう一度言ってください

英語フレーズ

「もう一度 言ってください」状況別の英語フレーズを紹介

もう一度聞き直したい時、Pardon?でいいの?

pardon 英会話 英語

相手の話が聞き取れなかった場合、もう一度言ってほしいという機会があります。

この時に学校で学んできたのは「I beg your pardon? 」「Pardon? 」ではないでしょうか。

確かにこれを伝えれば相手はもう一度繰り返して言ってくれます。

“Pardon?” は、本来は “I beg your pardon?” から来ており、直訳すると「あなたの赦しを乞います。」となりますが、転じて「すみません、何とおっしゃいましたか?」という意味で使うようになりました。

この表現はそもそも相手に許しを請うという意味があり、基本的にちょっと丁寧すぎる言い回しなので、親しい友人・知人や家族には使うと違和感な表現です。

今回の記事では、話している相手や状況に応じたもう一度聞き直したい時の英会話フレーズ”をご紹介します!

 

仲の良い友人、家族に聞き直す場合

Come again?「もう一回言って」

このフレーズはよく口語表現で使われています。「もう一回言って」という時に使われます。

What did you say?/What's that?「なんて言った?」

人によっては受け取り方でちょっと挑発的に聞こえるケースもあるので言い方を優しく言うと良いでしょう。

I didn't catch that.
「今の聞き取れなかった?」

今の聞き取れなかった(もう一回言って)というニュアンスも含まれているので、このフレーズを使うとゆっくり話してくれる可能性があります。

 

知人程度の方や目上の方に聞き直す場合

Could you say that again?
「ちょっともう一度言って頂いてもいいですか?」

「Come again? 」だとちょっと気安い感じの表現になるので、目上の方などにかしこまって「ちょっともう一度言って頂いてもいいですか?」と伝えたい時は「Could you say that again? 」と聞くと良いでしょう。

さらにより丁寧に伝えたい時は語尾にfor meを付け加えて「Could you say that again for me? 」と伝えると良いでしょう。

Excuse me?   「すみません」

よく聞く表現として「Excuse me? 」もよく使える表現で、これはカジュアルなシーンにもフォーマルなシーンでも使える表現です。

これだけで「失礼ですがなんとおっしゃいましたか?」「失礼だけどなんて言ったかな?」という意味になります。

Could you go over that again?
「もう一度説明してもらえますか?」

これもまたビジネスシーンで使える表現になります。

 

声が小さくて聞き取りづらかった時に使える表現

Could you speak a little louder?
「もう少し大きな声で言ってもらってもいいいですか?」

相手の声が小さくて聞き取りづらい時は使える表現になります。

このような時には「Could you speak a little louder? 」=「もう少し大きな声で言ってもらってもいいいですか?」と言うと良いでしょう。

 

速い、難しい時に使える表現

Could you speak more slowly?
「もう少しゆっくり喋ってもらえませんか?」

これは海外に行ってまもない頃はすごく便利なフレーズなのでぜひ覚えておきましょう。

 

何度聞いても分からない時に使える表現

I’m so sorry, I don’t understand.
「すみません。理解できません」

何度聞いてもやはり分からない時も誰でもあります。正直に「理解できません」「わかりません」と言いましょう。

I don’t get it.「わからない」

“I don’t understand.” の他にも、もっとくだけたフレーズになります。

 

動画解説!

-英語フレーズ

© 2021 EFJ英会話 Powered by AFFINGER5