あいさつ 英語

英語フレーズ

"How are you? "はほとんど使わない!ネイティブが使う挨拶フレーズ!

日本の教育で学ぶ "How are you?"はネイティブは使わない

皆さんは英語を初めて学んだ時に、"How are you?"という挨拶が出てきたのではないでしょうか。「ごきげんいかが?」「元気ですか」という意味で使われますが、実はネイティブはこのフレーズほとんどの確率で使いません。

 

もちろん通じないわけでもありませんし、まったく使わないわけでもありませんが使いません。

 

つまり日本語でいう死語みたいなものです。

では、どのようなフレーズを使ったら良いのでしょうか。

 

doingを付けることでよく使われる

How are you doing?「調子はどう?」

実は"How are you?"は使わないことが多いものの、doingを付けた"How are you doing?"はよく使われています。

 

"How are you doing? "は現在進行形のingを使うことである程度先のことや少し過去のことも含めたうえで近況はどうかということを尋ねる意味合いで使われます。

 

ポイント

口語ではareを省いて"How you doing?"と使われることも多いです。

 

海外でよく使われる挨拶フレーズ

親しい人や友人に挨拶をする際のフレーズ

"How's it going?"

普段から親しくしている友人や親戚などに挨拶をする際によく使われるフレーズです。

 

返事の仕方

・Ok.「まあまあ」
・Alright. 「調子いいよ~」
・I’m good.「元気だよ~」
・I’m fine.「いいですよ~」
・Not too bad.「結構いいよ~」
・Pretty good.「かなり元気だよ~」
・Great.「めっちゃいいよ~」
・Excellent.「最高だよ」

“I’m”は入れても、入れなくてもオッケーです。

 

"What's up?"

ネイティブの多くはこのフレーズを使う方が多いです。

 

注意

ただし非常にカジュアルな言い回しなので親しい友人や年下の方にしか使いません。

目上の方に対しては使うと失礼にあたりますので注意しましょう。たとえば、上司に「おっす!」なんて挨拶しないですよね。それと同様に目上に対してはタブーの表現です。

 

返事の仕方

・Nothing much.「特に何もないよ。」

・Just the usual.「いつも通りだよ。」

・All kinds of stuff.「いろいろ忙しいよ。」

.

一番使われる返事としては

「Nothing much」と返事をしてから、

「I’ve been busy with work.(最近は仕事で忙しくて)」

のように簡単に自分の近況を伝えるのが一般的です。

 

目上の方にも使える挨拶フレーズ

Hello!!

社内での挨拶でも使える鉄板フレーズです。

 

Good morning/afternoon/night.

正午までは“good morning”と言いましょう。それ以降は“good afternoon”と言えば大丈夫です。

挨拶は親しい人ばかりではありません。

あまり面識のない方や目上の方にも挨拶をすべきシーンにも使うことができます。

 

解説動画

-英語フレーズ

© 2021 EFJ英会話 Powered by AFFINGER5