もちろん 表現 英語

英語フレーズ

ニュアンス別に紹介!「もちろん」という英語表現!

「もちろん」は"Of course"だけでない

もちろん

英語で「もちろん」といえば、「Of course」という表現をまず思い浮かべるのではないでしょうか。

確かに、「Of course」は一般的によく使われる言葉で、シチュエーションを気にすることなくどんな場面でも使うことができます。

 

しかし、「もちろん」という言い方は、これだけではないのです。

「Of course」以外にもいろいろな「もちろん」を表わす表現があるのです。

ただ少しずつニュアンスが違います。

そこで、実際にどのような言い方があり、どのようにニュアンスが違うのかを解説しましょう。

 

「当たり前だろう」という感じの"Why not !"

「Why not」は、「どうして「No」などあり得るの?」というニュアンスになります。

何かを頼まれるようなシチュエーションにおいて、「当たり前だろう」「当然だよ。やるよ。やらないわけがないじゃん」などと表現したい時に使います。

We should go out one night for a beer or two.

「今度、夜飲みに行こうよ」

Why not

「いいよ!」

 

「問題ないよ」という感じの"No problem !"

「No problem」を直訳すれば「問題はないよ」となります。

何か頼まれたような時や「大丈夫?」と心配気味に言われた時などに、「もちろん大丈夫だよ」「ぜんぜん問題はないよ」という時に、「No problem」を使うと良いでしょう。

Do you mind waiting for just a little while?

「少しの間待っててくれませんか?」

No problem.

「問題ないよ!」

 

「当たり前だろ」という感じの"You bet !"

「Bet」という言葉は「賭ける」という意味の言葉です。

つまり、「賭けてもいいよ」というニュアンスの「もちろん」になります。

たとえば「明日の試験の準備は大丈夫なの?」と尋ねられたような場合に、「もちろん準備万端。賭けても良いよ!」と言いたい時に、「You bet !」を使います。

I believe he is going to be a movie star.

「彼が映画スターになるって信じてる!」

You bet. 「もちろんだよ!」

 

「もちろん」を強調したいなら"Definitely !" "Absolutely !"

「もちろん」を強調したい時には、「Definitely !」「Absolutely !」を使うと良いでしょう。

曖昧な返事ではなく、絶対的な自信がある時や「当たり前じゃないか」ということを強調したいと時に使います。

「もちろん」の最も強い言い方だと覚えれば良いでしょう。

Are you sure you want to break up with your boyfriend?
「あなた本当に彼氏と別れたいの?」
Absolutely!
「もちろん!」

 

頼まれ事をされたなら「Sure !」

「Sure !」は、何か頼まれ事をされた時に、「言いよ」と返事をする時によく使います。

たとえば「これやってもらっても良い?」と頼まれた時に、「もちろん、良いよ。やるよ」という感じです。

Please call me when you get any information about ○○.

「○○についての情報が入ったら、電話してくださいね。」

Sure.「もちろん」

 

シチュエーションごとに使い分けましょう

このように「もちろん」と言い方には、いろいろな言い方があります。

それぞれニュアンスが違うので、そのニュアンスの違いを覚えて、シチュエーションごとに使い分けると良いでしょう。

もし、どれを使ったら良いのかよくわからない場合には、「Of course」を使っておけば問題はありません。

 

-英語フレーズ

© 2022 EFJ英会話 Powered by AFFINGER5