日本人 話せない 英語 文法

英会話スキルアップ

日本人は文法を気にしすぎて話せない?は本当??

日本人は文法を気にしすぎて話せない?

じゃあ、『文法を気にしなかったら話せるのか?』

というと、そうではないと思います。

 

英語を使ってコミュニケーションを取れるようになるには

文法理解をする必要があります。

 

気にする、気にしないではなく、根本解決をすることが

英語を話す上で文法がネックになっていると感じている方に最短ルートです。

 

そして重要なことは、

勉強するのではなく、理解することです!

 

なぜ文法理解が必要なのか?

英会話学習においては、基礎的な英文法を理解することは必要です。

 

なぜなら、日本語を母語とする人が、英語を第二言語として学習していれば、日本語と英語は構造的にかけ離れているからです。

 

その日本語と英語の「言語間距離」が大きいことを知らずに、日本語の感覚で、英会話に挑むと、かえって遠回りになりかねません。

例えば

「ジョンはボールを蹴った」 主語→目的語→動詞

"John kicked the ball."  主語→動詞→目的語

このように基本文法が大きく異なります。

この言語間距離が大きいことも踏まえると、

英文法の基礎をしっかりと頭に入れておくことで

英語と日本語を全く別の言語として捉えることができ、英会話学習をスムーズに行うことができます。

 

それは文法を気にしすぎ!というラインは?

もちろん文法を気にしすぎて、話せない人は要注意!

そんな人は「文法」という言葉を大きく捉えすぎている可能性があります。

 

ちなみにネイティブですら、完璧な文法で話しているわけではありません。

ネイティブの文法はめちゃくちゃ?文法ミスの原因を解説

Contents 英語ネイティブは文法がめちゃくちゃ?日本語ネイティブも日本語を間違える母国語でも起きる文法的間違いの原因とは?英会話に文法は必要?英語ネイティブは文法がめちゃくちゃ? 英語ネイティテ ...

続きを見る

 

例えば、ネイティブでも下記のような細かい文法は会話の中でよくある間違いです。

・be動詞を省いてしまう

・複数形の”s”の使い方

・littleとfewの使い分け

・whoとwhomの使い分け

 

この辺りの文法を意識しすぎて、話せないのであれば

全然伝わりますので、気にせず話してみましょう!

 

文法はどこまで理解するべき?

「英会話では文法なんか気にせ話したらいい!」

ネイティブでい限、英文法の基礎がないと話せませんよ。」

といろんな意見があって混乱していませんか?

 

なので今回、英会話スキルをつけるにおいての

文法への考え方を結論づけました!

 

「理解すべき英文法は2つ!これ以外の文法は意識せずどんどん話そう!」

英語で会話する上で理解すべき文法はこの2つ!

・語順

・7W1H 疑問詞

 

語順の違いをを理解しよう!

日本語と英語では語順が違います。

 

英語の場合

I have a pen.

S(主語)⇨V(動詞)⇨O(目的語)

日本語の場合

私はペンをもっている。

S(主語)⇨O(目的語)⇨V(動詞)

 

「S:主語」や「V:動詞」などの英単語を文型どおりに配置することによって意味を成すのが英語です。

そして、単語をどこに配置するかによって意味が変わってしまうのも英語です。なので英語の基本的な語順であるSVOはしっかり抑えておきましょう!

 

英語の大前提

  • 英語の文の基本は、『主語』+『動詞』+『他の言葉』の順番で作る!
  • 日本語のように、主語を省略しない!
  • 主語の後に『動詞』がくる!
  • 英語は日本語とは語順が違うので、違和感がある。

 

7W1H 疑問詞を理解しよう!

英会話 疑問 文法

疑問詞とは?

疑問詞とは、理由や時間、場所などなにかを具体的に尋ねる時に使う語のことです。疑問文で使われます。

 

疑問詞の種類

疑問詞 英会話 英語

疑問詞の種類は、一般的に「7W1H」と呼ばれています。

これは、よく使う代表的な疑問詞の頭文字に由来していて「W」から始まる疑問詞が7つ、「H」から始まる疑問詞が1つということを表しています。

what「何?」

when「いつ?」

where「どこ?」

who「だれ?」

why 「なぜ?」

which「どちら〜?」

whose「だれの〜?」

how「どのように?」

疑問詞の種類を一覧で確認したところで、それぞれの疑問詞の詳しい使い方を解説していきます!

 

 

what「何?」

whatは、「なに」という意味で不明な対象について質問する時に使います。

What is your name?

(あなたの名前はなんですか?)

What time is it now?

(今、何時ですか?)

What do you want to do ?

(何がしたいですか?)

What kind of mushroom is this?(これは何の種類のきのこですか?)

 

when「いつ?」

whenは、「いつ」という意味で、日時を尋ねる時に使います。

When do you play soccer?

(いつサッカーをしますか?)

When is your birthday?

(あなたの誕生日はいつですか?)

When are you getting married ?

(あなたはいつ結婚の予定ですか?)

 

where「どこ?」

whereは、「どこ」という意味で、場所を尋ねる時に使います。

Where is my pen?(私のペンはどこですか?)

where do you live?

(あなたはどこに住んでいますか?)

Where did you go yesterday ?

(あなたは昨日どこへ行きましたか。)

 

who「だれ?」

whoは、「だれ」という意味で、人について尋ねる時に使います。

Who did you meet yesterday?

(あなたは昨日誰に会いましたか?)

Who do you like ?

(あなたは誰が好きですか?)

Who are you?

(あなたは誰ですか?)

 ちなみに初対面の人と会った時に、相手が何者なのかを尋ねる際に「Who are you?」と聞くのは失礼なので気を付けてください。「What is your name?(あなたの名前はなんですか?)」

 

why 「なぜ?」

whyは、「なぜ」という意味で、理由を尋ねる時に使います。

Why~?で質問された時は、基本的にBecause~.(~だから/~なので)と答えます。

Why was Tom upset?

なぜトムは動転していたのですか?

Why do you like it?

(あなたはなぜそれが好きなのですか?)

Why will you go to Japan?

(なぜ日本へ行くつもりなのですか?)

To meet my friend.

(友達と会うためです。)

 ちなみに、最後の例文のように、目的を答える場合は「To~.」を使うこともできます。

 

which「どちら〜?」

whichは、「どちら」という意味で、2つ以上の対象物を比較してなにかを尋ねたり、選ぶ時に使います。

Which is your favorite, Sushi or Ramen?

(寿司とラーメン、どちらが好きですか?)

Which colour do you like?

(何色が好きですか?)

Which of the two is the prettier? その2のうちどちらのほうがきれいですか.

 

whose「だれの〜?」

whoseは、「だれの」という意味で、物事の所有者を尋ねる時に使います。

「who」と「whose」で混乱しやすいですが、whoは「だれなのか?」と人そのものについて尋ねるのに対し、whoseは「だれのものなのか?」とものの所有者について尋ねる時に使います。

Whose is this?

(これは誰のですか?)

Whose bag is this?

(このバッグは誰のものですか?)

 

how「どのように?」

howは、「どのように」という意味で、程度や方法を尋ねる時に使います。体調や天気について聞く時にも使う便利な疑問詞です。

How old are you?

(あなたは何歳ですか?)

How much is it?

(おいくらですか?)

How is the weather is Tokyo?

(東京の天気はどうですか?)

How are you?

(元気ですか?)

 

まとめ

英会話を習得する上での最低限の文法は理解できましたか?

・英語の語順

・7W1H 疑問詞

この2つがある程度理解できれば、十分伝わる英語というのは使えます!

逆に英語がうまく話せないのは文法理解以外の問題と思った方が良いでしょう。

 

■Level1【聞けた!伝わった!】考えながらだが意思疎通できている!

 step❶英会話に必須な基礎文法を抑えよう

 step❷発音の基礎を抑えよう

 step❸シチュエーションを意識した会話練習

 step❹使ってみる⇨使えた=意思疎通

■Level2【無意識】英語脳ができ、母国語のように話せている。

 step❺英語脳の鍛え方はこれしかない

■Level3【ネイティブ】価値観、文化の理解まで

 

この記事で紹介した、文法が理解できれば

次のSTEPにいきましょう!

 

英語 上達 5ステップ
【一向に上達しない人へ】英会話学習の5ステップ

「英会話上達する気がしません・・・」 「特別に英語を勉強した事はなく、中高でも英語の勉強をした記憶がないくらいです・・」   とこれまでの積み重ねに自信がなく、英語を自分が話せるようになる想 ...

続きを見る

-英会話スキルアップ

© 2021 EFJ英会話 Powered by AFFINGER5