英語フレーズ

「がんばります!」を”I'll do my best."と表現しないほうがいい!

「頑張ります」は
シーンによって使い分けよう

相手に自分の努力の意思を伝える際に
「頑張ります!」
と伝えるシーンがあることでしょう。

 

この時、英会話のフレーズで
「I'll do my best. 」
と答えると学んできたことと思います。

 

確かに最善を尽くしますという意味で頑張るので相手へ思いは伝わります。

 

注意

しかしこれはビジネスシーンではあまり良い評価を受けないことをご存知ですか。

ビジネスシーンでは、正しいフレーズを使うことができるようにしましょう。

英語圏で就職を考えている方にとっては面接などでこのフレーズを使うと良い印象を受けない可能性が高いです。

 

I'll do my best
の意味とニュアンス

そもそもI'll do my bestは、そもそも全力を尽くして頑張るという意味はありますが、

「全力を尽くして頑張りますが、成果が出るかどうかはわかりません」

という自信のなさまでプラスされたニュアンスです。

 

つまり成果が必ずしも伴わずとにかく最善を尽くすという時に使うのです。

ビジネスシーンでは努力よりも結果が大切です。

 

最善を尽くすのは良いですが、結果を求める会社にとっては「I'll do my best. 」の言葉ではまったく響かないものとなることも。

 

ビジネスシーンで「頑張る」
という誠意を伝える言葉

ビジネスシーンで使うことができる

「頑張ります!」

You can count on me.

「私に任せてください」

というフレーズを使うと良いでしょう。

 

I won't let you down.

「絶対にがっかりさせないよう頑張ります!」

というフレーズも自信がある時や結果を出せる確信がある時におすすめのフレーズです。

 

また、

I'll get it done.

「やってみせます!」

というフレーズも良いでしょう。

 

ただし、絶対なる確信があると言いづらい時、たとえば新入社員などの場合では強気で出るのも気が引けるような時は、

I'll give it my all.

「一生懸命に頑張ります。」

I'll work hard on it.

「全力で取り組みます。」

という言い方でも伝わります。

 

解説動画

-英語フレーズ

© 2021 EFJ英会話 Powered by AFFINGER5